転職市場ではマネジメント的経験、リーダー的経験に相当する経験が必要になってきます

転職市場とマネジメント経験・リーダー経験の関係

ポテンシャルがあるということをできる限り伝える

今回は転職とマネジメント経験、リーダー経験の関係についてお話したいと思います

 

一定の年齢以上になってくると、一個人、1プレイヤーとしての働きだけでもなくて、ほかの社員とかかわって組織として結果を出すということが、求められるようになるわけです。
会社の規模にもよりますが、30才を過ぎれば何らかのリーダー経験があって当然だと思いますし40代ともなれば、部下を持ってマネージメントを行う経験を持つことも求められます。つまりそういった年代を対象とした求人であれば総合マネジメント経験とかリーダー経験あるいは能力というものが求められているということです。

 

しかし実際問題としては、履歴書や職務経歴書には、そういった記述ではなく、1プレーヤーとしての記述に終始している人が少なくないです。やっぱりそれなりの年齢に人は1プレーヤーとしての実績や能力だけをどんなにアピールしても駄目だということです。

 

ただ現実問題として組織のフラット化とか人件費削減という目的で年齢が高くなっても相応のポジションとかマネジメントの役割を与えられない人が増えていることも事実です。
でも転職市場では、やっぱり年齢相応のポジションを任せられる人材と思われないと再就職も難しくなってしまいます。なので仮に明確な役職経験がなかったとしてもできるだけマネジメント的経験、リーダー的経験に相当する経験を抽出してそれを記述するということです。

 

例えば、アルバイトの実技指導したとか、若手社員のササポートをして成約させることができたとか、いろいろあると思うんですけども、そういうものできるだけ盛り込むことによって仮に実績として十分ではなかったとしても、もし、そういうポジションを任せれば、務まるだけのポテンシャルがあるということをできる限り伝えるということが大切かと思います。

 

あえて言うことで出来る限り伝えることが必要かと思います。
相応の年齢になっている人は、その側面にできるだけ配慮した記述を心掛けていただきたいです。

ホーム RSS購読